ウルシスト®講座 レポート

ウルシスト®講座 レポート

漆を学ぶ「ウルシスト®講座」
これまでに多くの方にご参加いただいています。

受講のきっかけは様々です。
金継ぎをきっかけに漆に興味を持った方、漆器の扱いを学びたい料理人や主婦の方、仕事に役立てるために知識を深めたいテーブルコーディネーター、漆器販売、伝統工芸品プロデューサー、ライターなど、幅広くいらっしゃいます。

毎回少人数制ならではのアットホームな雰囲気で、ご意見やご質問などもいただきながら進行しています。

終了後に、「こんな漆器を見つけました!」「一晩中、漆についてネットサーフィンしてしまいました!」「美術館に行ってみました!」など、ご自身でさらに漆の世界を広げてくださっている様子をメッセージくださるのも、講師として嬉しい限りです。
ごく一部ですが、講座の様子をレポートします。


『漆器入門編』では、様々なタイプの漆器を用意して、実際に手に取りながら学びます。


ウルシの木を見て、触れていただいています。(かぶれないように加工しています)
そう、漆は木の恵みを生かした文化なのです。


ウルシの実。漆器よりも興味を持つ方が続出(笑)。

とにかく本物にたくさん触れることで、違いを体感していただきます。


100年以上前の骨董品から現代の人気作家の作品まで、
多種多様な漆器は、漆器のイメージが楽しく覆っていきます。


クイズがあったり、ディスカッションがあったり。
あっという間の2時間半です。

不定期ですが、『漆から見た和食器の歴史 基礎編 ~お椀のはなし~』も開催しています。
この講座では、縄文時代から現代までのお椀の変遷を見ていきます。


いま私たちが何気なく使っているお椀にもさまざまなルーツを見出すことができます。

お椀の変遷に日本の政治・経済・文化・宗教の時代背景を垣間見ることができるので、
深くて面白いですよ。


さて講座では、漆器で簡単な軽食(またはスイーツ)を召し上がっていただきます。
食べ物だけではなくて、漆器も「味わって」みてください。

このときは抹茶ぜんざい。写真は参加者の方が撮ってくださいました。
お椀は川連塗、スプーンは輪島塗です。


これは、料理人の方々へのプライベート講座の様子。
なんと手づくりのカラスミと限定のお酒をお持ちくださり、午前中からこんな感じに(笑)。

個別にご希望に合わせた内容で構成するプライベート講座も承っています。

こちらは、フランス料理の先生とのコラボレッスンの様子。
すばらしいお料理と漆器がコラボレーションできました。

そのほか、漆の新技法にフォーカスして掘り下げたり、
特定の地域について歴史や地域活性の取り組みを学んだり。
内容はご希望に合わせてカスタマイズしています。

プライベート講座、コラボレッスン等も、ぜひお気軽にお問い合わせください。


開催スケジュールは、「おしらせ」 および 「ウルシスト®講座」でご案内しています。

ご参加をお待ちしています!

講座に関するお問い合わせ・お申込み先: mail@feelj.jp (担当:FEEL J 加藤)