「漆」のはなし

「漆」のはなし

「漆」のはなしを少々。


漢字で「漆」
カタカナで「ウルシ」
ひらがなで「うるし」

3つのパターンを見ることがあります。
慣習的なものですが、実はそれぞれに意味があって使い分けていることが多いのです。

「漆」「ウルシ」の木から採取する樹液です。


つまり、カタカナで「ウルシ」というときには、植物としてのウルシの木を意味します。

一方、漢字で「漆」は、そこから採れる樹液、またはそれを精製したもの=漆器などに塗る塗料を指します。
つまり、漆器は「漆」を塗った器ですね。


では、ひらがなの「うるし」は?
これは、ウルシもひっくるめた漆の文化として使われます。


知っているとちょっと便利なうるしトリビアでした。