• トップ
  • 読みもの
  • おしらせ、ウルシスト講座、トップに掲載
  • ウルシスト®講座『漆から見た「おわん」の歴史 ~江戸時代編~ 」

ウルシスト®講座『漆から見た「おわん」の歴史 ~江戸時代編~ 」

日本の漆のこと、語れますか? 
ウルシスト®講座では、漆に関する基礎知識やちょっと楽しい豆知識が盛りだくさん!
この講座では、日本に縄文時代から息づく「漆」の歴史を、和食器の主役「おわん」を通して見ていきます。

タイトル:漆から見た「おわん」の歴史 ~江戸時代編~
日 時 :2021年3月27日(土) 10:30-12:00
参加費 :1500円
場 所 :オンライン(Zoom) 
     見逃し配信あり ・・・ 3/28(日)-31(火)に録画版のご視聴も可能です。
     お申し込みの方に、追って、ご参加のためのURLをご案内いたします。
申し込み:http://ptix.at/t4QNs3 (Peatixのイベントページへ)
     
和食文化が華やかになる江戸時代、商人や職人たちが文化経済を盛り上げた時代、「おわん」に何が起こったか?
現代に通じる様々な食材や食習慣が出来上がった江戸時代を深掘りします。

漆の「おわん」にどんな変化があったのか、無かったのか。
「おわん」はどこでどのように作られていたのか。
見えてくるのは食文化だけではありません。
教科書に載っていたあの出来事が、実は「おわん」の発展に繋がっていた…!?
いやいや、教科書に載っていないところに醍醐味が⁉

現代の「○○塗」に繋がる産地、今はあまり知られなくなった産地の栄枯盛衰とそのわけも、またまた興味深いのです。

日ごろ私たちが何気なく使っている「おわん」のルーツや変遷に、
食文化はもちろんのこと、日本の政治・経済・宗教の時代背景を垣間見ることができるから面白い!
人に言いたくてたまらなくなる「漆」と「おわん」の豆知識が盛りだくさんの90分です。

漆が好きな方、歴史が好きな方、日本文化が好きな方、
プロとして、またはライフワークとして、料理(和食に限らず)や工芸に親しむ方、
週末の朝にちょっとした学びタイムが欲しいなという方ももちろん、どなたでも受講が可能です。

単なる食器としてだけではない、日本の漆文化の深い魅力にハマってみませんか?

この講座は、
・『漆から見た「おわん」の歴史 ~基本編~』:2021年1月開催済。次回は2021年秋予定
・『漆から見た「おわん」の歴史 ~中世編~』:2021年2月開催。次回 2021年秋予定
と併せた3回構成ですが、単発でも順不同でもお楽しみいただける内容です。

ご参加お待ちしています!


<講師紹介>

漆を愛するウルシスト® 加藤千晶
日本に1万年続く漆の文化を次世代に繋ぐため、漆に親しむ様々な企画を展開。
2017年よりスタートした「ウルシスト®講座」は、漆についての基礎知識を習得する「漆器入門編」から、産地見学、漆と異分野でコラボする新しい漆の楽しみ方の講座まで、テーマは多岐にわたります。

FEEL J株式会社 代表取締役
木と漆のある暮らしのブランド「FEEL J Style」、ワインと漆のブランド「Art de Terroir」を運営。

おすすめ